加工

 

混錬、分散

ゴムコンパウンドの物理的、機械的物性はフィラーが混錬プロセスで、どの程度分散されているかに大きく影響されます。当社のRFFはこの点で多くの技術的要求を満たせるよう設計されております。低・中程度の比表面積と硬度、粒度において適切に設計されたされペレットの組み合わせは低コストで高いコンパウンドの品質を実現します。

 

押し出し加工

ゴムの押し出し加工はRFFの使用されたコンパウンドを様々な長さに加工する際の連続的で効率的な製造方法です。原材料ロスは最低限で済み、生産コストも他の方法と比べて安価なケースが多い方法です。ストレーナー用途は製品の欠陥につながる大きなコンタミを除去する事で、生産ロスを低減させます。RFFは押し出し加工においては優れた機能性を発揮します。コロイド性とペレット物性はフィラーが効率よく分散するよう設計されており、不純物が無い事に相まって、高速度の押し出し加工を実現すると同時にストレーナーの使用可能期間を最大化させます。

 

モールド加工

モールド加工はRFFを使用したコンパウンドを密閉モールド内で高圧化で熱をかけて、求められるゴム製品の形態を作る製造方法です。主な方法としてコンプレッション式、トランスファーモールド式、インジェクションモールド式の三つの方法があります。インジェクションモールドは最も高いコンパウンド物性を要求する方法です。すなわち、高流動性、生産ロスを最小化する適正なスコーチ性です。RFFは最適のコロイド性を持ち、コンパウンド業者が全てのモールド加工方式に対応できるゴムコンパウンドを設計する事を可能にします。