UPMBiochemicals

RFF (再生可能・機能性フィラー)真にサステナブルな製品

なぜRFFはゴム・プラスチック製品の再生可能原料比率を最大化できるのか?

RFFのインパクト

カーボンフットプリント

RFFは標準的なファーネスカーボンブラックと比較して90%程度、カーボンフットプリントを低減します。中期的目標はカーボンネガティブです。

再生可能

RFFはRFFは再生可能カーボンを94%含有しています。

低密度

RFFの密度は1.3g/cm2で既存のフィラーと比較して少なくとも25%の軽量化を実現します。

純度

RFFはPAH(多環芳香族炭素)を含有しておりません。また硫黄分とVOGs含有量も非常に低いレベルです。

なぜゴム・プラスチック製品向けでサステナブルな代替原料がもとめられているのか

気候変動と希少化する天然資源は現在の大きな課題です。完全な循環経済では廃棄物は最小化され、再生可能原料は持続可能で効率的な形で再利用可能で再生可能な製品を生み出すために使用されるべきです。

  • 持続可能な方法で成長・管理されら木材は気候変動に有効な多くの製品を生み出します

  • 樹木はその成長を通じて大気中の二酸化炭素を吸収し、バイオマスの形に変換し、大気に酸素を放出します

  • 持続可能な森林管理はカーボンシンクとしての森林の役割を果実なものとし、適切な伐採とのバランスは森林の更なる成長を促進します

製品ライフサイクルにおける持続可能性

RFFの持続可能性はそのバリューチェーンから発生します。それは石油由来のカーボンではなく持続可能な方法で生産されたカーボンを使用する事を意味します。木材に蓄積されたカーボンはRFFを使用したゴム・プラスチック製品の中で更に蓄積されます。とりわけ長期間使用されるゴム製品や耐久性プラスチック製品などです。二酸化炭素は耐久性素材の中で長く蓄積されることで、より気候変動に効果を発揮します。RFFが使用された製品はPAHを含有しないなどの追加的メリットを享受しながら、既存のリサイクルシステムの中でも使用可能です。またRFFを使用した製品は使用されている間、CO2排出がされることはありません。

How UPM BioMotion™ RFFはどのように変化をもたらすか

UPM BioMotion™ RFFは持続可能な方法で成長した木材から製造されています。RFFは二酸化炭素排出量の多い石油由来のカーボンブラックやシリカを代替します。この製品はゴム・プラスチック製品の中の持続可能な原材料費率を最大化するようデザインされており、それと同時に製品のカーボンフットプリントを大幅に削減します。この気候変動対策に寄与する特長以外にも、RFFの生産は世界最大の最新鋭バイオリファイナリー工場であるUPMロイナ(ドイツ)で行われますが、この工場のエネルギー、原材料も二酸化炭素排出量を最小限化するデザインになっています。

石油由来のカーボンではなく持続可能なカーボンを

最も重要なことは、RFFの持続可能性はそのバリューチェーンから発生します。それは石油由来のカーボンではなく持続可能な方法で生産されたカーボンを使用する事を意味します。木材に蓄積されたカーボンはRFFを使用したゴム・プラスチック製品の中で更に蓄積されます。とりわけ長期間使用されるゴム製品や耐久性プラスチック製品などです。二酸化炭素は耐久性素材の中で長く蓄積されることで、より気候変動に効果を発揮します。です。またRFFを使用した製品は使用されている間、CO2排出がされることはありません

UPMは持続可能な森林管理を支持しています。それは長期的な持続可能目標と健全な経済原則のバランスをとる森林管理の一形態です。 これにより、木材の産業利用と、森林が気候、生物多様性、社会に与えるプラスの環境影響を今後何世代にもわたって維持し、さらに拡大させることができます。 このようにして、UPMは、森林資源が再生可能な木材製品に変わる、より豊かな未来に向けて持続的に取り組んでいます。

UPMBioMotion™再生可能機能フィラー(RFF)の製造に使用される木材は、100%認定された森林から供給されています。 認証プログラムは、森林所有者が持続可能な森林管理の原則に準拠していることを保証します。 優れた森林管理には、常に木材の供給源を知り、森林の成長と再生を育むことが含まれます。 UPMとそのパートナーは、私たちが伐採するよりも多くの森林を育てることで森林破壊と闘っています。 私たちは、森林の生物多様性と重要な生態系属性を強化することにより、森林の長期的な保全を目指しています。

たとえば、FSC®やPEFC™などの広く知られた森林認証スキームを順守し、促進することで、これを保証します。 ロイナにあるUPMのバイオケミカルリファイナリーで使用される原料は、FSC®またはPEFC™の持続可能性認証を取得した管理の行き届いた森林からのみ供給されます。

ロイナバイオリファイナリー工場での持続可能な木材調達について

UPMロイナバイオリファイナリー工場で製造されるUPM BioMotion™ RFFに使用される木材は100% FSC®またはPEFC™認証を受けた木材です。これらの木材は自然のエコシステムと生物多様性が保全された森林から伐採されています。全ての木材は追跡可能で適切に管理され、第三者機関に認証を受けた木材です。

ロイナバイオリファイナリー工場で使用される原材料は主にブナの木です。当社は間伐材や製材工場ででる廃棄物や地域の木材産業で発生する残留物なども使用します。

ブナの木はドイツでは生来のもので、ドイツ国内の森林に占める割合が高まっています。ブナはドイツ政府の木材利用に関する長期戦略のコアをしめる樹種で、気候変動にも強いと考えられています

同時にブナの木の工業的な用途は限られています。今日、伐採された60%のブナの木はバイオマス発電に利用されています。これは最も気候変動対策としては最も非効率な使用方法です。ブナの木の新しい利用用途の開発において、当社はロイナ周辺地域の森林に関連するバリューチェーンの利用促進をサポートしております。

広葉樹の工業用途を拡げる事は全体として森林の生物多様性を向上させ、気候変動対策としての森林の活用促進という目標に寄与します。