UPMBiochemicals

リグニンはプラスチック産業の 環境負荷低減に貢献します

リグニンの利用は、より多くの再生可能な原料を使用してプラスチックを製造することを可能にします

UPMはポリマーブレンドとバイオプラスチック用途のリグニンを提供しています。当社は疎水性や低・無臭気性等の新しく必要とされる追加的物性を実現する為、継続的に製品開発を行っております。

リグニンは、填料としてではなく、ポリマー構造の一部として剛性をもたらします。またリグニンの粒子サイズは非常に小さい為、他の構成物質と相互作用し、良好な分散性を提供します。

他の天然物質の填料と比較して、リグニンは紫外線と温度に対して高い安定性を示すだけでなく、耐湿性も高めます。

 

リグニンを使う利点

コスト優位性

再生可能な原材料の割合が高い

強度の増強

安定性の向上