用途別

 

リグニンは、全ての産業においてその製品に含まれる再生可能材料の量を増やし、持続可能性向上に向けて重要な一歩を踏み出す機会を提供します。

 
 

再生可能で環境に優しいリグニンは、主に石油由来の原料からの化学物質の代替品として使用されます。

化石ベースの原材料をリグニンに置き換えることで、環境負荷を低減し、安全で費用効果の高い方法で持続可能性を高めることができます。当社のフェノール樹脂、接着剤、プラスチック、農業用向けのリグニンソリューションは、工業的ニーズにお応えしながら、製品を市場で差別化に貢献します。

リグニンの使用は、最終製品における再生可能な原材料のシェアを高め、企業が顧客にユニークでより持続可能な製品を提供することを実現させます。

UPMは、さまざまなグレードのリグニンを提供し、幅広いリグニンの応用用途でユニークなビジネスチャンスを創り出すことを可能にします。従来の化石由来の代替品と比較して、UPMBioPivaリグニン製品のカーボンフットプリントは大幅に低減されています。当社のリグニンチームは、ビジネスとパフォーマンスの双方を重視し、最適なリグニンソリューションを選択してお客様に提供をしています。

私たちUPM Biochemicalsは、リグニンを使ったさまざまな産業や応用用途でビジネスを行うことで、お客様のお役に立てるよう日々研鑚を重ねています。

 

お客様のニーズに合わせたソリューション 

現在当社は、合板パネル、プラスチック複合材、断熱材、農業、樹脂、接着剤の材料としていくつかの最終用途向けに、実証済みのコスト競争力のあるリグニン製品のポートフォリオを提供しています。 そして、その範囲は拡大し続けています。

お客様との緊密な協力の下、当社のリグニンに関する知見とノウハウに基づいて、お客様のニーズに合わせたソリューションを開発します。これにより、お客様は現在および将来にわたって持続可能な競争上の優位性を実現できます。

リグニンはさまざまな産業でどのような用途に使用されていますか?

 

さまざまな産業向けソリューション